お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

キーワード:住宅着工 に関連する記事

記事一覧

  • 国内景気、3カ月連続改善 不動産も5カ月ぶり改善に 営業・データ

    ...データバンクの調査によると、16年11月の景気DIは前月比0.8ポイント増の44.1となり、3カ月連続で改善した。住宅着工や自動車生産も好調に推移し、国内景気は地方と大都市の双方で改善、上向いている。  不動産は同1.5ポ...

  • 建売住宅が好調 国交省、2015年11月住宅着工 政策

     国土交通省の調べによると、2015年11月の新設住宅着工戸数は7万9697戸だった。前年同月比は1.7%増。  分譲住宅が2万503戸(同2.5%増)で、3カ月ぶりに増加した。内訳はマンションが8880戸(同4.1%減)、戸建てが1万1471戸(同8.2%増)...

  • 10月の景気指数 3カ月ぶりに改善 帝国データ 営業・データ

    ...バンクの調査によると、2015年10月の景気指数は44.8ポイントとなり、前月比0.2ポイント増で3カ月ぶりに改善した。  住宅着工戸数の増加傾向が、内装工事など関連業種へと波及してきた。不動産業の指数は48.7で前月と変わ...

  • 住宅着工、今後の逓減を予測 住宅不動産市場研 総合

     住宅不動産市場研究会代表の伊豆宏氏(明海大学名誉教授)はこのほど、15~20年度住宅着工予測を発表した。それによると、14年度の87万6000戸(予測)に対し、15年度は93万戸に増加するものの、その後は16年度が88万戸、17年度...

  • 15年度住宅着工は92万戸台 前年度比5%増 建設経済研予測 政策

     建設経済研究所は2月9日、14年度と15年度の住宅着工戸数の見通しを発表した。それによると、14年度の住宅着工戸数は88.4万戸(前年度比10.5%減)、15年度は92.8万戸(同5.1%増)とした。14年10月の数値と比較すると、14年度につい...

  • 業界に期待 「今週の住宅新報」編集長雑感

     「やはり」と言うべきでしょうか。住宅着工のペースが鈍化してきました。 住宅新報6月3日号4月・住宅着工 7.5万戸で2か月連続の減、同 都市部マンション着工 東京23区で4割超減 特に都心部のマンションの落ち込み...

  • 消費税UPの住宅業界への影響について (大堀) 読者コラム

     3月25日号に全住協会長と内閣官房長官の対談の記事が掲載されていましたが、大まかな内容としましては、景気は上向いているが、消費税UPによって腰折れにならないよう、住宅税制を補正予算でキチンとケアするという...

  • 14年度着工は90.7万戸 前年度比で減少 建設経済研究所予測 政策

     建設経済研究所はこのほど、14年度(14年4月~15年3月)の住宅着工戸数は90万7000戸になる見通しを発表した。13年度見込み比8.2%減となる。  同研究所が四半期ごとに発表しているもので、「15年からの相続増税で、14年度は...

  • 1月は7万7843戸 17カ月連続で増加 住宅着工戸数 政策

     国土交通省の調査によると、1月の新設住宅着工戸数は7万7843戸となり、前年同月を12.3%上回り、17カ月連続の増加となった。季節調整済み年率換算値では98万7000戸で、前月比6.5%減となり、5カ月ぶりに100万戸を割り込んだ。...

  • 14年度着工は90万戸弱 建設経済研究所が予測 政策

     建設経済研究所はこのほど、2014年度(14年4月~15年3月)の住宅着工戸数が89万8000戸になる見通しを発表した。13年度は96.1万戸(前年度比7.6%増)となる見込みなので、それと比べると6.5%下回ることになる。  同研究所が4半期...

  • 10月・新設住宅着工、9万戸で14カ月連続増 年率換算100万戸超え 政策

     国土交通省の調査によると、10月の新設住宅着工戸数は9万226戸となり、前年同月を7.1%上回り、14カ月連続の増加となった。季節調整済み年率換算値では103万7000戸で、前月比0.7%減となったが、2カ月連続で年率換算値が100万...

  • 着工戸数予測、2020年度は71万戸へ 総合

     住宅不動産市場研究会(代表=伊豆宏・明海大学名誉教授)は11月20日、住宅着工戸数が2015年度には80万戸を割り、2020年度には71万戸台にまで減少するという予測結果を発表した。  東北地方の復興建て替え需要の減少、消...

  • 8月・新設住宅着工は8.4万戸、12カ月連続で前年比増 投資

     国土交通省の調査によると、8月の新設住宅着工戸数は8万4343戸となり、前年同月を8.8%上回った。これで、12カ月連続の増加となった。  利用関係別に見ると、持家が3万1379戸(前年同月比11.2%増)、貸家は2万9548戸(同7.0%増)...

  • 7月・新設住宅着工戸数 11カ月連続前年上回る 政策

     国土交通省の調査によると、13年7月の新設住宅着工戸数は8万4459戸で、前年同月比12.0%増加した。これで11カ月連続の増加となった。季節調整済み年率換算値は97万5000戸だった。  利用関係別に見ると、持家は3万1475戸(...

  • ローン延長で住宅投資増加、住宅市場研予測 マンション・開発・経営

     もし、住宅ローンやリフォームローンの貸付年数を大幅に延長したら、住宅着工戸数やリフォーム工事がどれぐらい伸びるのか――。住宅不動産市場研究会(代表=伊豆宏・明海大学名誉教授)はこのほど、財政支出を増加さ...

  • 6月の住宅着工、前年比15%増で10カ月連続の増加 政策

     国土交通省の調査によると、6月の新設住宅着工戸数は8万3704戸で前年を15.3%上回った。これで、10カ月連続の増加となった。国交省では、「これまでは緩やかな持ち直し傾向だったが、このところの消費マインドの改善も...

  • 建設経済研・住宅着工予測 13年度は92.7万戸、14年度は88.6万戸 マンション・開発・経営

     建設経済研究所の調査によると、2013年度の住宅着工戸数は前年度比3.8%増の92.7万戸、14年度は前年度比4.5%減の88.6万戸になる見通しだ。  13年度は上半期に持家を中心とした消費増税前駆け込み需要が見込まれ、復興需...

  • 5月の住宅着工、年率換算で100戸台に 4年7カ月ぶりの高水準 マンション・開発・経営

     国土交通省の調査によると、5月の新設住宅着工戸数は7万9751戸で前年を14.5%上回った。これで9カ月連続の増加となり、季節調整済み年率換算値は102万7000戸を記録した。国交省では、「景気の回復基調と共に、消費増税前...

  • 12年度住宅着工戸数、前年度を6.2%上回る 3年連続増加 営業・データ

     国土交通省が発表した建築着工統計によると、2012年度の新設住宅着工戸数は89.3万戸で前年度を6.2%上回った。1965(昭和40)年度の統計開始以降で見ると下から6番目の水準であるものの、リーマンショック後の2010年度から3年...

  • 消費増税の影響、数%程度 住宅着工動向で建設経済研究所予測 総合

     建設経済研究所の調査によると、2014年4月の消費増税がもたらす新設住宅着工戸数への影響は、数%程度にとどまる見込みだ。政府による住宅ローン減税の拡大・延長などの平準化措置などが、1997年4月の消費増税時には約1...

受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています