お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

LCCM住宅認定で第1号取得 積水ハウスなど

 積水ハウスと大阪ガスは1月25日、奈良県内に建設した戸建て住宅で「ライフサイクルカーボンマイナス(LCCM)住宅認定」第1号を取得したと発表した。LCCM住宅は、住宅のライフサイクル全体でのCO2の収支をマイナスにする住宅。同認定制度は2011年12月、そういったCO2排出量を低減する先導的な住宅の開発と普及の促進を目的にスタートした。
 今回認定された住宅「スマートエネルギーハウス」は、奈良県北葛城郡に建てた実証実験住宅。燃料電池(発電能力700W)と太陽電池(同5・08kW)に蓄電池(蓄電容量3・5kWh)を組み合わせてHEMSで最適制御することでCO2排出量を削減する。延べ床面積138・8平方メートルの軽量鉄骨2階建て。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています