お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

セコムとLIXILが新会社設立 家事サポートやリフォームなど

 LIXILとセキュリティ会社のセコムは、家事手伝いやシニアサポート、住宅リフォームといった生活総合サービスを提供する新会社「くらしテル」(東京都渋谷区、三澤敏宏社長)を立ち上げた。4月2日から事業を開始する。
 出資比率はセコムが60%、LIXILが40%。3年後に売上高200億円を目指す。
 「生活太助」の名称でサービスを展開する。「日常生活の小さな困りごとから将来を見据えた住まいづくりの提案まで必要なサービスを集約した」という。利用者がコールセンターに電話すると、くらしテルが内容に応じて最適な専門会社(パートナー会社)を案内する。日程調整から支払まで同社が窓口となって行う。利用者と同社の直接契約となる。スタート時のパートナー会社は1300拠点。
 セコムは2005年からホームセキュリティの契約者向けに生活支援サービスを提供してきた。そのノウハウと、LIXILの建材・住宅設備ネットワークを総合的に活用する。
 まずは、東京・名古屋・大阪の3大都市圏と政令指定都市でスタートする。
 主なサービスの種類は、家事サポートや住まい・家財の手入れ、鍵・窓ガラス交換、シニアサポート、住まいのリフォーム。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています