お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

2017 年には地価上昇と予測

 東京圏と大阪圏の住宅地地価(都道府県地価調査ベース)が2017年には上昇に転じるという予測を、住宅不動産市場研究会(代表=伊豆宏・明海大学名誉教授)が発表した。
 それによると、東京圏は12年が24.9万円/平方メートル(実績)に対し、予測は13年24.7万円、14年24.5万円、15年24.1万円、16年23.9万円と下がり続けるが、17年は24.1万円と上昇に転じる。
 同様に大阪圏は12年が12.8万円(実績)に対し、13年12.8万円、14年12.8万円、15年12.6万円、16年12.3万円と下落基調の後、17年12.6万円と上昇に転じる。
 しかし、名古屋圏は12年の9.3万円(実績)から17年の9.0万円まで下落が続く。地方圏も12年の2.9万円から17年の2.5万円まで下がり続ける。
 都市別では、東京都区部と福岡市は17年に上昇に転じるが、大阪市、名古屋氏、仙台市、金沢市はいずれも下落が続くとしている。
 問い合わせ先はファックス047-343-2391(伊豆氏)。
 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています