お知らせ
ホームインスペクター資格試験のお申込

森トラストとマリオットが提携、ホテルラフォーレ東京をリブランドへ

 森トラストグループは、森トラスト・ホテル&リゾーツ(伊達美和子社長)が東京・品川で運営する「御殿山ガーデン ホテルラフォーレ東京」を外資系ブランド「東京マリオットホテル」として2013年12月にリブランドオープンすることで、マリオット・インターナショナル(米国メリーランド州)と合意したと発表した。同ホテルは25年前に1部屋当たり約38平方メートルの広さがある「ホテルラフォーレ東京」として開業。森トラストでは、新幹線停車駅であり、羽田空港の24時間化などで交通の要所として今後、品川のポテンシャルが更に高まるとし、BCP対応や防災機能の強化などと合せて外資系ブランドホテルに約70億円をかけて改装する。部屋数は現状と同じ全250室。
 2月7日には現地ホテルで、伊達社長とマリオットインターナショナルのジョン・W・マリオット3世取締役副会長が出席し、調印式が行われた。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています