お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

「自分が巨大地震に遭う」69% 対策は90%超が実施

 日本木造住宅耐震補強事業者協同組合が実施した「耐震診断受診者の意識に関する調査データ」によると、約69%の人が「自分が巨大地震に遭う」と考えていることが分かった。同組合では、「東日本大震災以降、地震に対する意識が高まり、地震災害を自分の問題としてとらえる人が増えている」とする一方、「約30%が『自分とは関係ない』と考えており、耐震化を推進する上で変えていかなければならない点だと思う」としている。

 なお、地震対策については、90%以上が何らか実施している結果となったが、「防災・避難グッズの用意」「食糧備蓄」「緊急避難所の確認」など全体的に「事後防災」の実施が多く、同組合では、「被災後の準備も重要だが、最も重要なのは地震が発生した時にいかに自分の命を守るかだと考える。当組合では、積極的に事前防災としての耐震補強を推進していく」と話している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2020年度宅建登録講習は申込み受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています