お知らせ
不動産仲介士資格認定試験の受験申込受付中
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

住友不動産、広島の再開発事業でマンション 中四国・九州一の高さに

 住友不動産が参加組合員として事業に参画している「広島駅南口Bブロック第一種市街地再開発事業」の建築工事がこのほど始まった。

 同事業は、住宅を中心に商業、公共施設などが入る52階建ての西棟と、駐車場や店舗として使用する10階建ての東棟で構成される延べ床面積約12万平方メートルの大規模複合開発。高さ約193メートルの西棟は、広島県内だけでなく中四国と九州で最高層の建物となる予定だ。

 住友不動産は、西棟住宅部分のうち12階の共用部を除く13~52階の保留床を取得し、分譲マンション471戸(総戸数514戸)を販売する。西棟地下2~地上3階の店舗部分(約8550平方メートル)には、ビックカメラが出店予定だ。全体の竣工は2016年6月の予定。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2020年度宅建登録講習は申込み受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています