お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

地所レジ 北海道初の「パークハウス」が好調 幅広い年齢層から評価

 三菱地所レジデンスが北海道・札幌中心部で開発している分譲マンション「ザ・パークハウス札幌桑園」の販売が順調だ。販売初月で総戸数86戸中、85戸が成約した。同物件は、同社にとって北海道で初のプロジェクト。

 物件の立地は、JR函館本線の桑園駅から徒歩4分で、周辺には、商業施設や病院など生活利便施設が集まっている。地上15階・地下1階建てで、間取りは2LDKから4LDK(58~106平方メートル)。販売価格は2098万から4598万円。

 4月中旬にモデルルームをグランドオープンし。5月3日から第1期81戸の登録受付を開始。同月20日から第2期(5戸)について先着順申し込み受け付け行った。

 購入者は、札幌市内が約70%を占め、家族構成はファミリー世帯と2人世帯がほぼ同割合だった。年齢は20代から80代まで幅広い。

 札幌中心部という立地や、隣地にショッピングセンターがあるなど生活利便施設が徒歩圏にそろう住環境が評価されたという。

 三菱地所グループでは、1974年に札幌市内でマンションを供給し、これまでに26プロジェクトの実績がある。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています