お知らせ
日本レジデンシャル・セールスプランナーズ協会(日本RSP協会)不動産仲介士®とは

新築マンション向けに「免震エレベーター」開発 住友不動産

 住友不動産はこのほど、新築分譲マンション(中層)向けに「免震エレベーター」を開発したと発表した。

 同エレベーター(EV)は、震度5強の大地震が発生した場合でも、EVの自動復旧運転を可能にするシステムを搭載。EVに免震および制震装置を組み合わせることで、震度5強の揺れを従来の「EV自動復旧運転機能」が作動する震度4レベルまで軽減させ、EVの自動運転再開を可能にするものだ。

 自動復旧運転機能を搭載しているEVは、概ね震度4レベルの揺れを感知すると最寄り階に自動停止し、その後の自動診断運転で各装置の安全確認を行い運転が再開される。ただ、震度4を超える地震の場合はその機能が作動せず、運転再開は保守員による安全確認後となる。そのため、地震の影響が広範囲な場合、保守担当者不足や交通渋滞などの問題で、復旧が大幅に遅れるといった懸念が指摘されている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています