お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

三菱地所レジなど、中国で住宅1100戸

  三菱地所レジデンスと丸紅は7月18日、中国・吉林省長春市で、不動産開発事業を行うと発表した。現地のディベロッパーである吉林省偉峰実業有限公司との共同事業。13万平方メートルの敷地に、低層住宅とマンションを中心に開発する。総事業費は約300億円。9月から第1次販売を開始する。竣工は2015年12月の予定だ。

 丸紅(出資比率40%)と三菱地所レジデンス(同25%)、現地ディベロッパー(同35%)で設立した開発会社「長春市領運房地産開発有限公司」が行う。住宅約1100戸のほか、商業やオフィスも整備する。

 三菱地所レジデンスは今年3月に中国四川省成都市で大規模住宅開発事業に参画しており、今回が2件目の海外事業となる。今後もアジアを重点エリアとして位置づけ、中国やASEAN諸国を中心に事業を推進していく。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています