お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

船橋のマンション1500戸、約1年で完売 野村不など

 野村不動産は9月6日、三菱商事と2社で取り組んできた新船橋駅東地区再開発事業「ふなばし森のシティ」(千葉県船橋市)内の分譲マンション「プラウド船橋1~5街区」全1497戸が完売したと発表した。

 同マンションは5棟構成で、首都圏最大級のプロジェクト。2012年6月のモデルルームオープン以降、延べ2万4000組超が来場した。同年7月の「1・2街区」(573戸)からスタートし、今年8月末の「4街区第1期2次」(23戸)まで数回に分けて販売。いずれも即日完売した。

 ショッピングモールや子育て支援施設を備えた駅前大規模複合開発であることや、船橋駅徒歩圏の立地、住民同士のコミュニティ促進の施策、日本家屋の特徴を再現した住戸設計などが評価されたという。

 購入者は30~40代のファミリー層が中心で、シニア層も全体の約2割を占めた。

 間取りは3LDK~4LDK(70~100平方メートル)で、価格は2546万~5720万円。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています