お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

「円滑化法」貸付条件変更後の倒産件数、13年は前年比8割増

 東京商工リサーチの調査によると、2013年の1年間における「中小企業金融円滑化法」に基づく貸付条件変更利用後の倒産件数は451件(負債総額は2272億1200万円)だった。前年との比較で約8割増加しており、同社では、「全体の倒産が抑制されるなかで増勢が目立った。上向いた景気の動きが中小企業の隅々までには波及していない現状を反映した」と分析している。
 産業別に見て最も多かったのは製造業の129件。以下、建設業(93件)、卸売業(81件)、サービス業他(63件)と続く。不動産業は10件だった。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2020年度宅建登録講習は申込み受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています