お知らせ
【参加無料】スマートホームが不動産業務をスマート化させるWEBセミナー

13年マンション供給、三井不レジが初の年間首位に

 不動産経済研究所の調査によると、2013年に最も多くマンションを供給した事業者は三井不動産レジデンシャルだった。昨年(5138戸)から2000戸以上伸ばし、7476戸を供給。初の供給トップとなった。7000戸以上を供給した事業者が出たのは、05年以来8年ぶりだという。

 2位は昨年トップの野村不動産。6517戸を供給した。以下、住友不動産(5879戸)、三菱地所レジデンス(5599戸)、大京(2913戸)、大和ハウス工業(2905戸)、プレサンスコーポレーション(2328戸)、東急不動産(2211戸)、新日鉄興和不動産(2130戸)、タカラレーベン(1705戸)が続いた。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2020(令和2)年度 宅地建物取引士資格試験(試験日12/27) 試験問題・解答・解説
宅建解答速報号2020
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています