お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

住宅耐震化推進で新財団 代表理事に長尾東海大海洋研究所教授

設立記者会見の様子。右から2番目が代表理事を務める長尾年恭教授

 住宅の耐震化や省エネ化などの推進を目的にした「一般財団法人強靭な理想の住宅を創る会」が発足した。3月4日、設立記者会見を開いた。代表理事には長尾年恭東海大学海洋研究所教授が就任。今後、住宅の耐震診断・改修の普及や建物診断(インスペクション)を行う診断士の指導育成、認定などの事業を展開する。3月29日には、東京都江東区の東京ビックサイトで設立記念シンポジウムを開催。古屋圭司内閣府特命国土強靭化担当大臣の基調講演などを予定している。

 長尾代表理事は、「防災・減災の第一は住まいの耐震化。阪神淡路大震災後は耐震化機運が高まったが、東日本大震災では津波が強調された。耐震への意識が薄れている印象がある。日本の住宅を強靭なものにしていくために活動していきたい」と話した。

 会員は住宅関連企業などを想定。会費など具体的な募集要項は4月以降に示す。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
宅建解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています