お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

耐震診断依頼、4人に3人が60歳以上 木耐協

 日本木造住宅耐震補強事業者協同組合は3月5日、同組合で実施した耐震診断の結果データを発表した。
 それによると、耐震診断を依頼した75%が60歳以上で、平均年齢は66.13歳だった。平均築年数は32.8年。
 また、その後補強工事を行ったかを聞くと、年代による変化は見られず、住宅の耐震性が低くても補強工事を実施しない、あるいはできない高齢者が多いことが分かった。「息子さんから実家の耐震診断を依頼されることもあり、耐震性不足の家に1人で住んでいる高齢者が年齢や費用などで工事に二の足を踏んでいるケースが多い」(同組合事務局)。
 リバースモーゲージなど、高齢者世帯でも補強工事が行いやすい補助制度が必要としている。
 この調査は、1950年から2000年5月までに着工された木造在来工法2階建て以下の建物が対象。今回は住宅所有者の年齢を把握している3702件の耐震診断結果を分析した。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
宅建解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています