お知らせ
HomeAwayのオーナーアカウント登録ページはこちら

住宅ローン借り換え割合、「固定」が4年ぶり高水準

 住宅金融支援機構が実施した「民間住宅ローン借換の実態調査」によると、2013年度調査における「固定期間選択型」の借り換え利用割合が、4年ぶりの高水準に達した。金利の先高感の影響などから、金利水準の低い変動型よりも一定期間金利上昇リスクが回避できる固定期間選択型を選ぶ層が増えたと見られる。

 ここ3年間の固定期間選択型の割合は30%台後半で推移していたが、13年度調査(12年11月から13年10月までの借り換え利用者、有効回答1449件)では49.8%に上昇。一方、40%台中盤で推移していた変動型については、32.2%に低下した。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
管理業務主任者試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています