お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

瑕疵保険法人の住宅保証機構、新社長に能登副社長

 国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人である住宅保証機構(東京都港区)は4月2日付で、代表取締役社長に能登義春・前副社長が就任したと発表した。那珂正・前社長は代表取締役会長に就いた。

 能登義春氏(のと・よしはる)は、1949年4月生まれ。64歳。1972年大和ハウス工業入社、同社東京支社秘書室長や執行役員、取締役などを経て、11年に住宅保証機構取締役。12年から取締役副社長。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
宅建解答速報2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています