お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

設立30年目の木住協、矢野会長「業界挙げて軽減税率導入を」

 日本木造住宅産業協会はこのほど、定時総会後の記者会見を開催した。

 役員改選で再任された矢野龍会長(住友林業代表取締役会長)は、「住宅市場は緩やかな回復が指摘されているが、まだまだ底打ち感は今一歩だと感じる。そのような中、今後、無用な駆け込みと反動減を繰り返さないためにも、消費税率10%引き上げに際しては住宅への軽減税率導入など恒久的な対策がなされるよう、業界を挙げて引き続き活動していく。現在、住生活基本計画の改定が議論されているが、まさにこれからはフローからストック、サービスの時代。今後の住宅供給のあり方を考えると共に、多岐多重にわたる住宅税制そのものについても議論が喚起されるよう活動していく」と語った。

 なお、同協会は今年4月に設立30年目を迎えている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています