お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

データ流用の建築物、安全性確認の方法議論 国民の不安払しょくへ 基礎ぐい対策委

 国土交通省はこのほど、基礎ぐい工事問題に関する対策委員会の第2回を開いた。
 会合では、杭の未到達に起因する建物の安全性と、施工データの流用の問題を分けた上で検討する方針を改めて確認。それぞれ実態把握を進めながら、二つの問題の関係を整理していく方向を固めた。この点に関しては、委員から「データの流用があった物件がそのまま『安全ではない』と認識され、国民の不安をますますかき立てているように思う」との指摘があった。なお、データ流用が判明した建築物のうち、安全性が損なわれていると結論が出たケースは現時点でないという。同委員会ではデータ流用のあった建築物の安全性の確認方法について、引き続き議論を深める方針だ。
 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています