お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

サ高住、市町村も計画策定へ 高齢者住まい法を改正の方向 国交省

 国土交通省は、高齢者住まい法(高齢者の居住の安定確保に関する法律)の一部を改正する方針だ。15法律が一括改正される、第6次地方分権一括法案の一環。
 サービス付き高齢者向け住宅の供給目標などを定める高齢者居住安定確保計画を、都道府県のみが策定できるとする現行制度を見直す。市町村が同計画の策定を希望する場合、都道府県との協議を経て策定できるようにする方向。
同法案は、3月上旬に閣議決定される見込み。
 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています