お知らせ
展示会招待券(無料)お申込み 住宅・ビル・施設Week -入力画面-

武蔵コーポ、収益物件の買取再販で累計1000棟

  中古収益物件の買い取り再販事業とその管理を手掛ける武蔵コーポレーション(本社・さいたま市、大谷義武社長)はこのほど、累計取引数が1000棟を超えたと発表した。同社は06年から、同事業を開始。更に昨年10月からは、こうした自社で再生することで一定水準を満たした物件を「リブレス」と名付け、設備や賃料の保証を付けて販売を始めた。投資家のリスクを減らし、将来の年金不安などを背景に高まりつつある資産運用ニーズに応えていく。
 大谷社長は、「現在の社会問題・課題である、『賃貸物件の住環境の質向上』や『中古収益物件の流通促進』、『空き家・空室問題の解消』にも寄与していきたい」と話す。
 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
宅建解答速報号2020
2020(令和2)年度 宅地建物取引士資格試験 試験問題・解答・解説
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています