お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

不動産投資未経験者は「シェアハウス」にも関心が スマイスター調べ

 不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営するリビン・テクノロジーズ(東京都中央区、川合大無代表取締役)はこのほど、同サイトを利用した20歳以上の全国の男女916人を対象に「不動産投資について調査」を行った。
 それによると、不動産投資の経験は、「現在している」が6.1%、「過去にしていた」が4.2%、「興味はあるが未経験」が20.3%、「興味がない」が69.4%だった。
 不動産投資に興味はあるが未経験の人に「興味のある不動産投資の種類」について聞くと、「戸建て」が29%、「駐車場」が26.9%、「1棟アパート」が22.6%という結果に。かぼちゃの馬車問題もあった「シェアハウス」が、意外にも10.2%にも上った。
 対して、不動産投資経験者に「現在および過去に行った不動産投資の種類」について質問したところ、最も多かったのが「区分マンション」という回答で、現在している人のうち41・1%、過去にしていた人のうち50%を占めた。「戸建て」は、現在:12.5%、過去:31.6%と多く、「1棟アパート」は現在:28.6%、過去:5.3%と差が見られた。
 更に、経験者に「今後してみたい不動産投資の種類」を訊ねたところ、「特になし」が37・2%と最多。「1棟アパート」「戸建て」が共に14.9%、「民泊」が10.6%、「駐車場」が9.6%、「1棟マンション」が8.5%となった。投資経験者がいない「コインパーキング」(5.3%)のほか、「介護施設」「サ高住」(共に3.2%)に関心を抱く人もいた。
 最後に「今、投資用不動産は買い時か」と質問すると、19年の消費増税や20年の東京オリンピックまでは買い時だと考えている人が37.8%だったのに対し、今は買い時ではないと思う人が62.2%にも及んだ。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています