お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

山形県と木造応急仮設住宅の建設に関して協定締結 木住協

 日本木造住宅産業協会は12月3日、災害救助法に規定する応急仮設住宅についての建設協定を山形県との間で締結。12月25日には同協会東北支部の松浦支部長らが山形県庁を表敬訪問した。
 今回の協定は地域防災計画に基づき、木造による応急仮設住宅を迅速に建設するための協力体制を確立するもの。同協会が各都道府県との間で災害時における応急仮設住宅の協定を締結するのは、福岡、熊本、神奈川に次いで4県目。静岡、和歌山など複数の団体による建設協議会等への参画を含めると6県目となる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
宅建解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています