お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

引っ越しの理由「物件の契約更新」が最多 アルティメット総研調べ

 アルティメット総研(東京都新宿区)はこのほど、賃貸住宅探しにおける入居希望者の最新動向を発表した。それによると、引っ越しの理由として最も多いのは「住んでいる物件の契約の更新」(38%)。それ以降は「転勤・転職」(33%)、「結婚・出産」(17%)、「進学・就職」(10%)と続いており、更新というシステムが引っ越しの契機となっていることが分かった。また、現状の家賃よりも高い家賃の物件を探す人が増加傾向にあることも分かった。
 同調査は、同社が運営する賃貸情報サイト「ウチコミ!」で、入居希望者会員が探している物件の条件を登録して家主にリクエストできる「お部屋リクエスト」を集計したもの。18年10〜12月に登録されたリクエストの中から無作為に400件を抽出し、調査対象とした。
 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています