お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

広島で開発中の施設名称を「GRANODE広島」に決定 大和ハウス

「GRANODE広島」完成予想図

 大和ハウス工業は2月12日、広島市東区二葉の里地区で開発している複合施設の名称を「GRANODE(グラノード)広島」に決定した。着工は16年10月1日で、竣工は3月末、開業は4月1日をそれぞれ予定する。総事業費は約200億円。
 「GRANODE広島」はJR広島駅まで徒歩4分、広島空港リムジンバス乗り場まで徒歩3分の場所に立地。構造は鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造)。地上20階地下2階建て(地下が駐車場、1~2階が店舗、3階~11階がオフィス、13~20階がホテル)の複合施設。
 敷地面積が6339平方メートル、建築面積が3209平方メートル、延べ床面積が4万9709平方メートルとなる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
宅建解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています