お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

不動産投資で借入可能額証明書を物件決め前に発行 MFS

サービスの流れ

 MFSは2月18日、購入物件を決定する前にユーザーが不動産投資ローンの借り入れ可能額を把握できる、借入可能額証明書(バウチャー)を発行するサービスを開始した。
 同サービスは、同社の不動産投資ローンの媒介ノウハウなどにより、ユーザーの収入などの情報から不動産投資ローンの借り入れ可能額を推定し、借り入れ能力の裏付けとなるバウチャーを発行するもの。通常は、物件を決めてからローンを申し込むのが不動産投資の流れだが、希望物件があっても金融機関から融資を受けられないなどのケースも起こる。同サービスにより、物件購入の意思表明と同時にスムーズに購入手続きに入ることができる。
 また、AIを活用した中古不動産流通ポータルサービス「リノシー」を運営するGAテクノロジー(東京都渋谷区、樋口龍社長)とも連携。MFSがバウチャーを発行したユーザーに対し、GAテクが借り入れ可能額の範囲内で、過去の販売実績からAIによりスコアリングされた優良物件を提案することで、バウチャーの発行から投資物件購入までのスムーズなワンストップサービスを実現する。

 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています