お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

フラット35の返済に更なる「安心」をプラス 上乗せ疾病保障をスタート クレディセゾン

 クレディセゾンは4月から、住宅金融支援機構提携のフラット35に設定可能な、「セゾンの新機構団信プラス」と「セゾンの新3大疾病付機構団信プラス」の取り扱いを開始した。
 両商品は、生活習慣病を代表する高血圧症、糖尿病などをはじめ、あらゆる病気・ケガを保障する全疾病保障のタイプ。住宅ローン利用者が病気やケガにより就業不能状態となり、月々の約定返済日まで継続した場合、月々のローン返済相当額を最長12カ月まで保障する。更に、就業不能状態が12カ月を超えて継続した場合には、最大でローン債務残高相当額を保障する。対象はフラット35と同35プラス。
 従来、同社ではフラット35の返済における団体信用生命保険について、同機構が提供する「新機構団信」または「新3大疾病付機構団信」を用意していたが、今回の両商品の取り扱い開始により、それらでカバーしていない病気、ケガなど保障内容を充実させることができ、「ローン利用者の住宅購入に更なる安心をプラスしてサポートできる」としている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
宅建解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています