お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

災害時の仮設住宅建設に関する協定を岐阜県と締結 木住協

 日本木造住宅産業協会は4月17日、災害救助法に規定する応急仮設住宅に関する建設協定を岐阜県との間に締結した。これは地域防災計画に基づき、木造住宅による応急仮設住宅を迅速に建設するための協力体制を確立するもの。建設可能戸数は岐阜・愛知・三重・静岡の中部地域において、1カ月間で約500戸を見込む。
 今回の締結により、木住協単独で各府県との間に同協定を締結するのは、福岡・熊本・神川・山形・大阪・愛媛に次いで7件目。複数の団体による建設協議会等への参画を含めると9件目となる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています