お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

3年間で主要9都市のホテル客室数は24%増加 CBRE調べ

 CBREは6月10日、日本のホテル市場の見通しを発表した。
 主要9都市(京都・大阪・東京・札幌・福岡・名古屋・広島・那覇・仙台)における19~21年の3年間で開業予定のホテル客室数は約8万室。これは18年末の既存ストックの24%に相当する。
 今後の宿泊需要予想を踏まえ、21年に必要となる客室数を推計すると、主要9都市で必要とされる客室数(需要)よりも、ストック数(供給)が上回る結果となった。
 必要客室数と予想ストックのギャップは、大阪で2万1000室、東京と京都でそれぞれ1万2000室、名古屋で8000室、仙台で4000室 、札幌で3000室、 広島と那覇でそれぞれ2000室、福岡で1000室となる。
 同社では「開業ラッシュが続いた都市の中には、競争原理が働くことで優勝劣敗が分かれ始めているエリアも出てきている。誘客力の強いホテルをつくるためには、よりきめ細やかな立地や客層に応じたマーケティング戦略の見直しが差別化の鍵となる」と分析している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
マンション管理士試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています