お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

三菱地所、オカムラなど4社がボックス型設備で新会社

 三菱地所、テレキューブ(株)、(株)ブイキューブ、オカムラは、8月1日付けで新会社「テレキューブサービス」を設立した。新会社設立で、コミュニケーションブース「テレキューブ」の設置と課金モデルによる事業化を図り、23年度までに全国主要都市、主要エリアにおいて1000台の設置を目指す。
 「テレキューブ」は、防音型コミュニケーションボックで、内部にテーブル、椅子、電源コンセントがある。空港や駅、オフィスビルのエントランス、商業施設などに設置することが可能で、セキュリティが保たれた静かな環境で資料作成やメール、電話、ウェブ会議などができる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
マンション管理士試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています