お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

スタートアップと共同で倉庫作業の可視化アプリを開発 プロロジス

 物流不動産の所有・運営・開発を手掛けるプロロジス(日本本社=東京都千代田区)は11月12日、物流系ITスタートアップ企業のKURANDOと業務契約を締結し、倉庫内業務の可視化アプリ「ロジメーター」を共同開発したと発表した。
 同アプリでは、タブレットに倉庫内の作業を登録することで、管理者のパソコンから作業の進ちょく状況をリアルタイムで把握することができる。プロロジスは、これにより作業量に応じた適切な人員配置が随時行えるほか、そのデータを分析して作業改善などにつなげることもできるとしている。
 導入に当たっての初期費用は不要。まずプロロジスの運営する物流施設の入居企業を中心にプロトタイプ版を提供し、実際に使用した企業によるフィードバックを基に改良を加え、来春にKURANDOが完成版として製品化する予定。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
管理業務主任者試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています