お知らせ
展示会招待券(無料)お申込み 住宅・ビル・施設Week -入力画面-

セイルボート APIハブ化構想で不動産業界のデータ連携加速へ

 セイルボート(広島市中区、西野量社長)は11月26日、不動産業界のデータ連携を加速すると発表した。同社が提供する不動産周辺業種各社向けAPI「キマRoom!Connect(キマルームコネクト)」のハブ化構想(オープン化)を進める。
 同社はこれまでに賃貸契約を軽減する電子プラットフォーム「キマRoom!Sign」を提供しており、同プラットフォームの利用不動産会社と周辺業種各社が同APIによって連携を行うことで、1クリックで契約関連情報のデータ共有が可能となる。同社によると、既に家賃保証会社や保険会社、付帯会社の計11社から同構想の賛同を得ているという。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
宅建解答速報号2020
2020(令和2)年度 宅地建物取引士資格試験 試験問題・解答・解説
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています