お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

AIによる外壁クラック画像診断システムを開発 東急リバブルなど

 東急リバブルは、ジャパンホームシールド(東京都墨田区)、Rist(東京都墨田区)と協働し、中古住宅の外壁ラック画像をAI(人工知能)が一定の基準に基づき診断するシステムを開発した。2020年夏の実用化を目指す。東急リバブルの中古住宅検査・保証サービスで得たデータのほか、各社が蓄積した知見などを融合し、中古住宅流通市場を活性化させる。

 建物検査員が撮影するモバイルカメラの画像から建物の外壁や基礎部分のクラックを検知し、そのクラックの中から最大幅を特定して計測できる。このクラックの幅から対象建物への影響などを推測・評価し、その情報を基に、売買取引に必要な説明を行い、適切な補修方法を検討して提案していく。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2020年度宅建登録講習は申込み受付中
ビル経営管理士解答ページ2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています