お知らせ
日本レジデンシャル・セールスプランナーズ協会(日本RSP協会)不動産仲介士®とは

阪急阪神不、新築分譲マンションのエレベーター内に防災備品標準化

 阪急阪神不動産は、3月以降に竣工するすべての新築分譲マンション「ジオ」においてエレベーター内に防災キャビネットを標準設置する。エレベーターの閉じ込め対策として、保存水やトイレシートなどの防災備品を収納。18年に発生した大阪北部地震では、近畿圏でエレベーターの閉じ込めなどが多数発生した。これまでも停電時自動着床装置や初期微動センサー付きエレベーターなどを採用してきた。エレベーターに閉じ込められても健康状態を損なうことなく救出を待てるよう防災キャビネットを導入した。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています