お知らせ
ホームインスペクター資格試験のお申込

民泊事業撤退を支援するオーナー向けサービス開始 テックアット

 在庫家具卸サービス「LUUUP」などECプラットフォーム事業を手掛けるテックアット(東京都新宿区、延山勇貴社長)は3月12日、民泊事業からの撤退を検討するオーナー向けの支援サービス「民泊撤退コンシェルジュ」の提供を開始した。
 同サービスでは、まず同社が撤退検討中のオーナー等と物件開発を希望するオーナー等とをマッチング。希望の条件のマッチング先が見つからず、物件を撤退する場合には同社が必要な業務を代行する。
 同社は「新型コロナウイルスの流行拡大により国内外の観光客が激減し、宿泊事業の撤退を余儀なくされている現状があり、その課題の解決に向けた相談窓口として同サービスの提供を開始した」とコメントしている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています