お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

「平成30年7月豪雨」被害額、単一豪雨として過去最大 国交省調べ

 国土交通省は3月24日、18年の水害被害額(確報値)をまとめ、公表した。
 同年に発生した全国の水害被害額は約1兆4050億円。このうち、「平成30年7月豪雨」による被害額は約1兆2150億円を占めており、単一の豪雨による被害としては、76年の台風17号等による被害額8844億円を上回り、61年の統計開始以来最大の被害額であることが分かった。
 都道府県別で「7月豪雨」被害額を見ると、岡山県が最も多く約4209億円だった。次いで広島県(約3388億円)、愛媛県(約1697億円)で被害額が大きく、この3県それぞれについても統計開始以来最も大きな被害額となっている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2020年度宅建登録講習は申込み受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています