お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

融資書類「改ざん」の一部報道認める アパート販売のスピリタス

 「QUQURI」(ククリ)のブランド名でアパート企画・販売・建設のサブリース事業を手掛けるSPILYTUS(東京都港区)は2020年5月6日、一部報道で指摘されていた投資家オーナーの金融機関への融資申請書類の改ざんで、同社の関与について、同社ホームページ上で社長の仲摩恵佑氏が「報道された内容の一部は事実」とコメントした。詳細は調査中で今後の対応を早急に報告するとしている。同社では大手銀行の元社長が一時顧問を務めていたという。「かぼちゃの馬車」のスマートデイズなどで注目されてきたサブリース問題が再燃しそうだ。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています