お知らせ
ホームインスペクター資格試験のお申込

大阪・茨木工場跡地約6・5ヘクタール売却へ 大日本住友製薬

 大日本住友製薬(大阪市中央区)は2020年6月26日、大阪府茨木市の「茨木工場」(敷地約6・5ヘクタール)の譲渡を決議した。医薬品生産機能は同社鈴鹿工場(三重県鈴鹿市)に移転している。譲渡先は明らかにしていないが、競争入札で決めたもようだ。譲渡益は167億円。2020年7月初旬に譲渡契約を締結し、同年10月初旬に引き渡す予定。

 茨木工場は、住友化学が1962年に当時の最新技術を導入したS造2階建ての新工場として操業を開始。2019年4月に生産機能を鈴鹿工場に移転し、閉鎖していた。所在地は大阪府茨木市蔵垣内1丁目地内の敷地約6万4509平方メートル。JR京都線千里丘駅、阪急京都線南茨木駅からそれぞれ徒歩15分程度に位置する。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています