お知らせ
展示会招待券(無料)お申込み 住宅・ビル・施設Week -入力画面-

国連の金融原則評価に基づく借り入れを実施 いちご

 不動産関連業の、いちご(東京都千代田区)は、国内不動産業で初という、国連が策定した金融原則に基づく「ポジティブ・インパクト金融原則適合型ESG/SDGs評価シンジケーション」により、三井住友銀行から借入限度額106億円のうち、33億円の借り入れを2020年9月30日に行った。

 同資金調達手法は、企業の事業活動が環境・社会・経済にもたらすインパクトを包括的に分析・評価し、サステナビリティ(持続可能性)経営の実現に向けた活動を継続的に支援することを目的とする融資。資金使途は限定されておらず、あらゆる使途に活用できる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
宅建解答速報号2020
2020(令和2)年度 宅地建物取引士資格試験 試験問題・解答・解説
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています