お知らせ
展示会招待券(無料)お申込み 住宅・ビル・施設Week -入力画面-
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

野村不「H¹O渋谷神南」、入居者限定サロンや仮眠スペース初導入

「HUMAN FIRST SALON」のイメージ

 野村不動産は10月16日、10人未満程度の人数で利用する小規模オフィスのニーズに対応した、サービス付オフィスブランド「H¹O(エイチワンオー)」(Human First Office)の第4号物件として、1棟開発型拠点「H¹O渋谷神南」(東京都渋谷区神南一丁目、鉄骨造、地上10階)をオープンした。20~30分程度の短い仮眠を取れる専用チェア「エナジーポッド(energypod)」をブランドシリーズで初めて導入した。
 H¹Oは、BCP対策としてのサテライトオフィス、働き方改革を推進するオフィスの効率化、期間限定オフィス、リモートワーク対応などのニーズに応える小規模オフィスシリーズ。
 H¹O渋谷神南は区画数62区画で、小タイプは11.26平方メートル、中タイプは21.68~23.71平方メートル、大きなタイプは25.67~52.58平方メートル。共用会議室6室を備える(うち2室はウェブ会議用)。
 1階部分には、入居者と来客者限定の共用スペース「HUMAN FIRST SALON」も設けた。同スペースは「青山フラワーマーケット」を展開するパーク・コーポレーション(東京都港区、井上英明代表取締役)の空間デザイン事業「parkERs(パーカーズ)」の協力を得て、「バイオフィリックデザイン」の思想を取り入れ、緑のある自然豊かな公園のように仕上げた。イベントスペース、ワークスペース、カフェスペースなどとして利用できる。
 感染対策では、抗菌・抗ウイルスの室内用塗料、空気殺菌装置、専有個室の開閉可能な窓などを採用した。そのほか生体認証によるビル入館管理、スマートフォンアプリ上でのエレベーター操作(入館ログと連動した自動呼び出し、行先階指定)、空調および照明の操作、建物内の混雑状況の確認など、テクノロジー活用し人や共有物との接触をできるだけ避けられるような仕組みを設けた。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2020(令和2)年度 賃貸不動産経営管理士試験 試験問題・解答解説
受験対策講座2020
2020年度12月宅建試験向け 本試験ズバリ!直前予想講座
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま予約受付中
宅建解答速報号2020

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています