お知らせ
【参加無料】スマートホームが不動産業務をスマート化させるWEBセミナー

三井不など東京・日本橋に10カ所目のライフサイエンス拠点

 三井不動産は、一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(東京都中央区、岡野栄之理事長)とライフサイエンス分野で新産業を創造するためのエコシステム構築に取り組んでいるが、その取り組みの一環としてこのほど、グローバルなライフサイエンスプレイヤーを集積する新拠点「GLOBAL LIFESCIENCE HUB(グローバルライフサイエンスハブ)」を、日本橋室町三井タワー(東京都中央区日本橋室町三丁目)7階に開設した。同社のライフサイエンス拠点は10カ所目となる。
 グローバルライフサイエンスハブは、コミュニケーションラウンジ、カンファレンスルーム、ミーティングルームなど、組織内外および国内外の交流を促進する設備や会場が設けられ、ライフサイエンスを軸とした新たな知の創出、イノベーションにつなげる場として機能させる。英語対応可能な受け付けなどグローバルなニーズに応えるサービスも提供する。
 また国内外のアカデミアを集積させる。国内では東北大学東北メディカル・メガバンク機構、東北大学オープンイノベーション戦略機構、東北大学ナレッジキャスト、海外では米国のカリフォルニア大学サンディエゴ校(UC San Diego)の利用が決定している。 またアカデミアとVC(ベンチャーキャピタル)の資金を結びつける場としても機能させる計画で、国内のMedVenture Partners、ヘルスケア・イノベーション、海外のNewton Biocapital社のVC3社は既に入居している。今後も誘致を進め、グローバルな連携を促進する。
 同社は東京・日本橋の「新たな産業の創造」の取り組みとして、ライフサイエンス領域に特に力を入れてきた。これまで、東京・日本橋エリアに9カ所、大阪・道修町近傍エリアに1カ所のライフサイエンスの拠点を整備している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています