地所、サンシャインシティ 海の環境問題をアートと映画で

アート展のイメージ

 サンシャインシティと三菱地所は共同で、アートと映画を通して海の環境問題について考えるイベントを9月23日より開催する。現在、推計で年間800万~1100万トンのプラスチックが海洋に流出しており、課題となっている。同企画では、東京・池袋の「サンシャインシティ」を舞台に、海の環境問題をテーマに、(1)アートを通して社会課題を訴求するアーティスト・藤元明氏によるアート展示(9月23~30日)、(2)海洋プラスチック問題を題材にした映画上映会(9月25日)を開催する。

 海洋プラスチックごみによる環境汚染や、海の生物に与える影響についてアートと映画、サンシャイン水族館の専門家を交えたトークイベントを通して、一人一人が身近な問題として考える機会を提供する。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建解答速報2021
解答速報号申込2021
宅建解答解説2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています