登記サービスならNTTデータの地図クラウドサービス - BizXaaS MaP

東急不などが大阪本町タワマンモデルルーム開設、新技術投入し訴求

外観イメージ図

 東急不動産、大和ハウス工業、住友商事、コスモスイニシアは、新築分譲マンション「ブランズタワー大阪本町」(大阪市中央区南本町、43階建て、総戸数302戸)のマンションギャラリー「アマ・テラスパビリオン」を10月16日にオープンする。22年2月上旬販売開始予定で販売戸数や価格などは未定。同物件は、大阪府下で分譲する9棟目となるブランズタワーで、フラッグシップとすべく様々な企画を取り入れた。日本初となる大丸松坂屋百貨店グループによる物件専用シャトル便サービスやコンシェルジュサービスを提供。また、「スターバックス」のコーヒーを提供するプログラムを分譲マンションとして日本で初めて採用する。

 マンションギャラリーにおいても最上層42階「アマ・テラス」の魅力を体感してもらうため、日本初となる業界最高レベルの性能を実現したVarjo(ヴァルヨ)社製のXR-3を採用。世界で唯一、人間の目と同等の視野を持ったVRヘッドセットであり、装着している人がどこを見ているか、視線の追跡ができる。同物件の竣工は23年11月を予定。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
賃貸不動産経営管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています