登記サービスならNTTデータの地図クラウドサービス - BizXaaS MaP

リノベる×金沢工大×国士館大、脱炭素社会にリノベ住宅の有効性を確認

リノべる(東京都港区、山下智弘社長)は11月30日、大学と共同でリノベーション住宅が脱炭素社会にどの程度貢献できるかを検証したところ、二酸化炭素(CO2)の排出量を76%、廃棄物排出量を96%削減できたと発表した。

「北習志野台プロジェクト」と「戸越公園プロジェクト」として2棟の集合住宅を対象に金沢工業大学の佐藤考一研究室、国士舘大学の朝吹香菜子研究室と共同研究を行った。既存物件を同規模の新築に建て替えた場合と比較して大幅にCO2と廃棄物の排出を抑えることが確認できたという。

北習志野台プロジェクトは、千葉県船橋市ある築19年の総戸数50戸のマンションで、規模が地上6階建て延べ4042平方メートル。建て替えて新築した場合と一棟リノベをした場合を比べてCO2の排出量を76%削減でき、その量は約3300トンに上った。杉の木約37万本が1年間に吸収する量で明治神宮約5.1個分に相当するという。1戸当たりに換算すると、CO2排出削減量は約66トンとなり、杉の木約7500本が1年間に吸収する量に相当する。既存物の解体・設計監理・資材製造・建設段階におけるCO2排出量を計算した。

戸越公園プロジェクトは、東京都品川区にある築49年の賃貸マンション(総戸数8戸)で、規模が地上4階建て延べ487平方メートル。建て替え新築に比べてCO2を63%削減でき、削減量を約336トンと算出した。1戸当たり換算では42トンのCO2が削減できたという。

今後もCO2削減量や廃棄物削減量の定量化を行い、リノベーションが環境に与える影響を検証していく。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
新聞定期購読
宅建登録講習申込2022
宅建解答解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています