【参加無料】住学一体最先端探求学習実践シンポジウム

本厚木駅前で開発中の商業ビル、テナント募集開始 店舗流通ネット

開発中の商業ビルの外観イメージ

 店舗関連事業の支援サービスをはじめ、店舗不動産の開発やファンド事業なども手掛ける店舗流通ネット(東京都港区、戸所岳大社長)は1月7日、神奈川県厚木市で進めている「(仮称)本厚木駅前ビル計画」における商業ビルのテナント募集を開始する。
 同ビルは、同社が21年5月に取得したオフィスビルで、小田急小田原線本厚木駅から徒歩1分の立地。同駅北口地区における再開発事業の検討と合わせ、商業ビルへと用途を変更する計画で、飲食店や物販店、医療テナントなどを募集している。敷地面積は約650平方メートル、建物の延べ床面積は約4030平方メートルとなる予定。
 建物は将来的な街並みの変化も見据え、敷地形状と建物形状を合わせるなどして、土地の合理的利用と視認性に配慮したデザインを計画。また低層部ではテナントの様子が分かるようガラス壁を活用し、デジタルサイネージも積極的に配置するなど、駅前のランドマークとして活気を生み出す商業施設を目指す。着工は22年7月1日、竣工は23年9月を予定している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
意外な誤解好評発売中
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中
新聞定期購読

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています