【参加無料】住学一体最先端探求学習実践シンポジウム

埼玉県小川町で石蔵をリノベしたコワーキング開業 いいオフィス

「いいオフィス小川町 by NESTo」内観

 コワーキングスペース事業を手掛けるいいオフィス(東京都港区、龍﨑宏社長)は1月17日、埼玉県比企郡小川町で築100年の石蔵をリノベーションした新施設「いいオフィス小川町 by NESTo」を開業したと発表した。
 同施設はJR八高線・東武東上線の小川町駅から徒歩4分の立地。豊かな自然と里山、歴史的建造物などが残る地域であり、有機農業が盛んで地域産品を提供する飲食店なども周辺に所在するエリアで、「仕事+リフレッシュを組み合わせたプチワーケーション」(同社)などのニーズを見込む。同町で地域交流や伝統産業振興などの事業を展開する「NPO法人あかりえ」との提携により、餅つきや味噌づくりなどの体験プログラムも用意した。
 コワーキングスペースの席数は30席。会議室や併設カフェのほか、複合機やプロジェクターといった各種オフィス什器・設備を備え、施設スタッフが常駐する。建物のイメージに合わせ、薪ストーブ床暖房も導入した。詳細は公式サイト(https://e-office.space/ogawamachi-by-nesto/)を参照のこと。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
意外な誤解好評発売中
2022不動産法令改正集_税金の本予約受付中
新聞定期購読

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています