【参加無料】住学一体最先端探求学習実践シンポジウム

広島市の商業施設「アルパーク」西棟が4月下旬に開業 大和ハウス

リニューアル後の西棟内観イメージ

 大和ハウス工業は1月24日、広島市西区で大規模改装工事を進めているショッピングセンター「ALPARK(アルパーク)」西棟の概要を発表した。リニューアルオープンは4月下旬を予定する。
 西棟はJR新井口駅から徒歩3分に位置する。鉄筋コンクリート造の地上6階地下2階建て、店舗面積は2万8563平方メートル、約20店舗の出店を予定する。
 核テナントとして、1、2階には無印良品が出店。店舗面積は約6100平方メートルで無印良品では世界最大規模となる。また、1階にはスーパーマーケット「フレスタ」が出店する。
 東棟は昨年12月にリニューアルオープン。東棟、西棟の運営管理は大和ハウスグループの大和ハウスリアルティマネジメントが行う。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
意外な誤解好評発売中
2022不動産法令改正集_税金の本予約受付中
新聞定期購読

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています