8.5Webセミナー

東急不、大阪の新築分譲マンションに冷凍・冷蔵宅配ボックス

東急不動産が行った実証実験の様子

東急不動産は、分譲マンション向けの冷凍・冷蔵宅配ボックスを開発し、「ブランズタワー谷町四丁目」(大阪市中央区常盤町二丁目)、「ブランズタワー大阪本町」(大阪市中央区南本町二丁目)に導入する。共に24年3月引渡予定。国内の分譲マンションで冷凍機能のついた宅配ボックスの採用は、日本初の取り組みとなる。両物件では、これまで対面で受け取る必要があった冷凍・冷蔵配送品を宅配ボックスで受け取ることができ、共働き夫婦などの利便性を向上させる。

冷凍・冷蔵宅配ロッカーは、 21年に同社とパナソニックが、ヤマト運輸、佐川急便の協力で実証実験を実施していた。実証実験では、受け取り用冷凍・冷蔵ロッカーに配送された商品の温度帯に問題がないことを確認できたため、今回の導入に至った。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています