【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

東急不、東急など、Park-PFIによる代々木公園リニューアル

東急不動産、東急、石勝エクステリア、東急コミュニティーは5月9日、代々木公園の解体工事に着手した。24年初の供用開始を目指す。4社は、東京都が実施する都市公園法に基づく公募設置管理制度(Park-PFI)で代々木公園整備・管理運営事業の認定計画提出者となり、3月31日に東京都と同事業に関する実施協定を締結。同事業では、緑あふれる既存の代々木公園や、渋谷・原宿に隣接する立地特性をふまえ、憩いの緑と活動 の場という物質的な価値 を提供すると共に、来園者が互いに影響し、感性を刺激しあう多様な舞台を整備する。

こ代々木公園は、渋谷と原宿をつなぐ重要な立地。東急グループが進めてきた渋谷駅周辺・広域渋谷圏の各施設や地域との連携を図る。公園内にスケートボードが利用可能な「アーバンスポーツパーク」、中央にはイベント用の「にぎわい広場」など様々な広場やテラスを整備。そのほか、ランニングをサポートする「ランニングステーション」の設置や、公園内の広場を利用した「フィットネスイベント」の開催、緑の中での多様な食を楽しめる「フードホール」を設置する予定だ。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています