木のいえ一番協、7月に国産材ログハウス取り扱いセミナー開催

木のいえ一番協会(二木浩三代表理事=アールシーコア社長)は、7月13日と28日、国産材ログハウスの取り扱いセミナーと体験会を、東京・代官山のログハウスなどの展示場「BESS MAGMA」で開催する。

SDGsや脱炭素への意識の高まりや、コロナ禍に伴うテレワークの普及で郊外暮らしや2地域居住へのニーズなどによって、関心が高まっているログハウスの講習会。

ログハウス未経験工務店や、フィンランド材高騰を受けて国産材への移行を検討中のログハウス取扱い工務店に向け、ポストコロナの住宅市況の解説とログハウスの紹介・見学ツアーを開催するほか、国産材を使用した協会員限定モデル「プリミティブ・ログハウス」シリーズの個別相談も実施する。同シリーズはカントリーリスクを排除した国産材を使用しており、発注から3カ月の納品が可能であるほか、協会の設計・施工支援があるので、ログハウス未経験でも取り扱い可能となっている。

詳細・申し込みは同協会ホームページ内のイベント案内(https://www.kinoie-1ban.or.jp/events_form/)へ。

 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています